CAMERA OBSCURA

スナップ写真と日々の雑感

水たまりの中の世界

ようやく梅雨らしい雨が降ったかと思えば、急に晴れたりと目まぐるしく天候が変わります。本格的な梅雨前線がなかなか日本列島までかかってこないで、局所的に雨を降らす雲がときおり通過している状態みたいです。

そんなつかの間の雨の降ってない時間を利用して、街中をスナップしています。雨の降った後は水たまりに写る被写体を探してしまいます。普通の街並みでも電線でも曇り空でも、水たまりに映るとなかなかフォトジェニックです。

はたから見ると水たまりにカメラを向けて、周りをぐるぐる歩き回る変なおっさんですけど。そうです、わたしが変なおっさんです。

水たまりという小さなフレームに区切られて映る景色は、広大な景色と違ってどこかミニチュア的なかわいらしさがあります。

広い湖に映る山なんかもいいですけど、遠出でもしないとなかなか撮れません。雨上がりに近所を散歩したらどこにでもある水たまりは、お手軽ですがそこそこ写真映えします。

手軽に撮れる水たまりとスナップ写真はかなり相性がいいです。

望遠でのスナップもいいものだ

コンパクトカメラのXQ1には、25mm~100mm換算の4倍光学ズームが付いています。望遠側のズームは滅多に使わないのですが、被写体に近づけなかったので望遠側でスナップ。

こういう海を隔てた向こう側の被写体の場合は、単焦点だと海の中に入らないとスナップできません。そんなときにはやっぱり望遠があると役に立ちます。

いつもはX100Fの35mmで撮っているのでこういうシチュエーションは諦めるしかないのですが、こういう写真を撮るときは、望遠も使えるズームも欲しくなっちゃいます。

もしズームレンズを買うなら、カメラ本体はX-Pro2にして適当なズームレンズを・・・うーん、やっぱりズームレンズはでかいなぁ。

装備がでかいと途端に外に持ち出す気力が削がれるので、X-Pro2にはコンパクトな単焦点を着けたいです。そうなるとX100Fで十分じゃん?ってことになるので、なかなか難しいところです。

もしくはX100Fにテレコンを着けて、さらにデジタルテレコンを使えば・・・テレコン50mm×2倍デジタルテレコンで100mm換算の望遠カメラになる?いやいやいや、そもそもそこまでして望遠を使う必要があるのか?

もしテレコンを買っても、着けたらそこそこ大きくなるので持ち出すのが億劫になりそうです。X100Fの後継機は、焦点距離100mmくらいまでデジタルテレコン使えるようにならんかな。

N700A?

散歩途中にある新幹線の高架近くを歩いていたら、遠くからコオオーという音が聞こえたので、ダメもとでカメラを構えて新幹線を撮ってみました。

鉄の人には怒られそうですが、これが私の精一杯です。許してください。しかもこの車体が何なのかすら分からぬ。許してください。

画像を拡大して見てみると車体の横にN700Aって書いてあるから、たぶんN700Aなんでしょう。あんま知らんけど。

なんかつい最近まで500系とかだったような気がするんですが、もう700系の改良型になってるんですか。ぼやぼやしているうちにどんどん変わってくなぁ。

シャッタースピードは1/500ですが、拡大すると新幹線がぶれてます。まあ新幹線は速いし、仕方ないね。そういえば流し撮りとか今までやったことなかったです。スナップには流し撮りは使わないし、仕方ないね。

こんど道走ってる自動車でも流し撮りしてみよっかな?プリウスとか。

しかし梅雨入りしたわりには、あんまり雨降りませんね。昨夜は雷がゴロゴロ鳴って雨が降りましたが、朝になれば雨も上がって日中はいい天気になりました。今年は空梅雨かな?

浜辺に流れつくもの

天気予報が雨が降らなさそうな予想だったので、また気まぐれに海に行っていました。

今の時期は梅雨入りで気温も低く、潮干狩りのシーズンも終わってしまったため、平日に浜辺に来る人はほとんどいませんでした。

写真は海水浴場の浜辺なのですが、木の枝や流木なんかがたくさん流れ着いています。まだ海水浴シーズン前なので掃除もされていないのでしょう。

これから夏にかけて海水浴のシーズンまでに大規模な掃除を行うと思うと、大変だなぁという気持ちになります。

貝殻なんかもいっぱいで、裸足で歩こうものならあっという間に足の裏が傷だらけになりそうです。こういう貝殻なんかもちゃんと取り除くんでしょうか。でないと子供とか裸足で歩くから危ないと思います。

トラクターみたいな機械でザーッとすくえば綺麗になるってもんじゃないと思いますが、どうやって掃除するんでしょう。ってちょっと調べたら、ビーチクリーナーとかいうトラクターみたいな機械でけん引する機械があるみたいです。

なるほどねぇ~。

よくある風景

天気予報で午後から雨が降るとの予想だったので、午前中に軽く自転車で走ってきました。

その途中で空がきれいだったのでXQ1でスナップ。なんてことはない近所の田んぼの風景です。ぶっちゃけ近所によくある風景すぎて見飽きた感のある風景ですが、これがいいんだよ、という人もいるのかな?

梅雨入りしたのにこんな快晴が広がっていて、田んぼの水面に映る空も綺麗です。もうちょっと田んぼが広がっている場所で撮ればよかったかな。

自転車で出かけるときは富士フィルムのコンパクトカメラXQ1を持っていくのですが、このカメラのズーム広角側が25mm(35mm換算)なので、こういう広がりのある風景はいい感じに撮れます。

また、わたしはズームレンズはあまり使わないのですが、自転車にまたがったままカメラを出してその場で撮影することがあるので、そういう時は動かなくても画角が調整できるズームは便利だなと最近思います。

基本自分の足で前後して画面を調整するのですが、ポタリング中は自転車を引いてウロウロするのが難しい時があるので、動かないで画面を調整できるズームレンズは重宝します。